抗がん剤

icon がん治療の歴史と今後

がんは昔から人類を苦しめてきた重篤な病ですが、近年その患者数が増える傾向にあります。医療の進歩や研究とともに死亡件数は低くなってきていますが、早期の更なる発展が期待されます。

従来からのがん治療といえば、手術、投薬、放射線が主な治療法ですが、最先端の治療法は、ガンマナイフ、サイバーナイフに代表される放射線治療です。患者の体への負担が少ない事が特徴ですので、予防医学とともにますます発展していく事が期待されます。

先進的がん治療の費用について
がん治療は休息に進歩しており、体への負担が少ない手術や効果の高い薬剤、治療法が出てきていますがその中には健康保険の適用にならない治療もあります。ガンマナイフやサイバーナイフとよばれる腫瘍のみをピンポイントで攻撃できる治療もその1つで、数百万円の費用を要することもあります。

そこで役立つのが高度先進医療にも保障のあるがん保険です。保険金があると高額な治療を諦めることもなく、後悔しないがん治療をすることができます。

点滴

icon 様々な治療法

がん治療には様々な治療法があり、患者が自ら選択する事が出来ます。

主な治療法は抗がん剤を服用する化学療法、直接メスでがんの病巣を切除する手術療法、患部に放射線を照射しがん細胞を死滅させる放射線療法となっています。

また、近年では手術療法と放射線療法のメリットを持ち合わせたガンマナイフやサイバーナイフといった医療機器を使用する事で痛みを感じる事なく患部の病巣を放射線で切除する事が出来る治療法もあります。

放射線治療
サイバーナイフはナイフという言葉を使っていますが放射線を患部に正確に照射し切らずに治す治療法です。がん治療で使われる外科手術、化学療法、放射線治療の中の放射線治療に分類されます。脳腫瘍や脳血管の奇形などガンマナイフの治療領域に加え耳鼻咽喉科や口腔外科、頸椎の腫瘍などが治療領域になります。

サイバーナイフはロボット技術を使って目標に対し誤差2ミリ以下で照射できるので周囲の正常な細胞を破壊することなく治療することができます。

ガンマンナイフ

icon サイバーナイフの紹介

サイバーナイフは、とても高い精度の放射線治療が可能になった装置です。はじめは主に、頭といったガンだけが対象でしたが、現在は肺や肝臓の腫瘍も治療の対象になっています。

また最新モデルでは、寝台もロボット制御になっているものもあり、治療中でも微調整が可能ですので、より正確に放射線を照射できますし、呼吸追尾機能といった機能も搭載しているので、呼吸で移動する肝臓ガンや肺ガンにも対応できます。放射線を照射しても痛みといったものもないので、安心して治療をうけることができますので、詳しいことは担当医に相談してみると良いでしょう。

サイバーナイフについての歴史と今後
サイバーナイフの歴史は、1985年にアメリカのジョン・アドラー教授によって開発されたのが始まりです。

1999年にはこれを用いて頭と首、脊髄の上部にできた腫瘍を治療することがアメリカの食品医薬局から許可され、2001年には全身の腫瘍に対する治療許可がおりたことで、フレームを用いずに全身を対象とした放射線による外科治療が可能となっています。

サイバーナイフはガンマナイフと並んで、今後のがん治療に大きな役割を果たすと考えられています。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031